シルバーアクセサリーの基本とセレブ感について

銀には刻印があります。シルバーアクセサリーには一般的に925という文字がほられております。これは、純銀で92.5パーセントでできているという意味です。100パーセントで作ってしまうと銀の性質上やわらか過ぎてアクセサリーには不向きな場合が多い為、92.5パーセントという数字が多いということです。シルバーアクセサリーが黒ずんでしまったことがあると思います。錆びてしまったと思われる方が大半だと思いますが、錆びイコール酸化したわけではなく、硫化という反応がおこっております。黒ずんでしまったアクセサリーを使うとあまりセレブっぽくは感じれませんが、ハード系やインディアンジュエリーはわざと黒ずんだ部分を要所に配置し、いぶし銀というような独特な存在感を発揮します。海外の方が洗練されたアクセサリーのつけ方をします。それは、服にあわせたり、場所にあわせたり、時間にあわせたり、その空間にアクセサリーが自然と溶け込み要所要所で輝きをはなってくれます。時間帯にわけてアクセサリーをつけかえるなんて、こだわりやおしゃれへの気づかいがあってセレブな感じがしますよね。シルバーアクセサリーは星や月をかたちどったものが多く、もともと月の女神と関係があるそうです。

セレブがこだわるシルバーアクセサリー

シルバーアクセサリーと一言で言っても、ブランドやデザイン、価格などさまざまです。身近な物で言えば、指輪やブレスレット、ネックレス、ピアスなどで、以前は芸能人などのセレブや女性のものという印象が強くありました。しかし、オシャレにこだわりのあるセレブだけではなく、一般の女性はもちろん男性の中にも、自分のお気に入りのアイテムをファッションに取り入れている人は近頃急増しており、シルバーアクセサリーは一般的なアイテムになっています。世界的にも人気のあるシルバーですが、日本人は特にシルバーが好なようです。実際に結婚指輪はゴールドよりもシルバーやホワイトゴールドを選ぶ人が圧倒的に多いです。その理由の一つは、日本人の黄色がかった肌の色には同系色のゴールドよりもシルバーの方がなじみやすく、違和感なく受け入れられるためです。そのため、結婚指輪などの日常的に身につける記念のアクセサリーはもちろん、バレンタインやホワイトディ、クリスマスや誕生日等のイベントの際のプレゼントとして、シルバーのアクセサリーをチョイスするのでしょう。セレブがそのデザインやブランドによって自分の商品価値を向上させる目的でこだわりを持つシルバーアクセサリーは、日本の一般消費者にも着実に身近なものとして受け入れられています。